HOME > 活動報告 > 庵治石で○○を作ろう – 第3回体験教室

庵治石で○○を作ろう – 第3回体験教室

丁場見学会の様子
11月15日に
「庵治石を使った障害者の物作り応援事業」 第3回体験教室(丁場見学会)
を開催する事が出来ました。
丁場とは、庵治石の原石を取る為に山を切り開いて山石屋と言われる人たちが仕事をする場所の事です。
庵治石の産地内には、大小40ヶ所程の丁場があり毎日「庵治石」の原石を採掘しています。

丁場見学会の様子
一つで何トンもある石がゴロゴロ転がっています。
丁場は広いので視野の中にその広がりが収まりきりません。
はじめの一歩で用意した、石頭で庵治石を叩いてみて響きの違いで硬さを体験しました。
(いしあまた)と書いて(せっとう)と読みます。山石屋の必需品です。
重さはいろいろありますが重い物になれば1キロぐらいあるので片手で振るのも大変です。

 
丁場見学会の様子丁場の中では、家みたいな大型重機も小さく見えます。
今回、見学をさせて頂いた丁場は広さが4ヘクタール(12,000坪と言った方が分かりやすでしょうか)もあります。
端しから端まで、広い所では500メートル以上あります。
高低差は100メートル以上あります。
横を向いても上を向いても、下を向いても普段見た事が無い景色が広がっていました。

2009年12月03日 更新

このページの先頭へ戻る