HOME > 活動報告 > 庵治石で○○を作ろう – 第2回体験教室

庵治石で○○を作ろう – 第2回体験教室

体験教室の様子
10月14日にはじめの一歩が4月から準備を進めてきた
「庵治石を使った障害者の物作り応援事業」 第2回体験教室(庵治石の手磨き教室)
を開催する事が出来ました。

講師は、庵治町内で丸物加工を専門としている磨きの職人さんと事務局長が務めました。

最初に、事務局長が磨きの工程をホワイトボードで簡単に説明を5分ほどしました。
説明の途中には、なにやら突っ込みが入って思わず笑いがこぼれます。

その後、職人さんからのアドバイスを聞きながら障害者のみんなと手磨き教室に参加してくれた方とでシャリ、シャリと音を立てながら庵治石を磨いて行きました。
職人さんから下地作りが大切だから、最初は丁寧に磨くようにとアドバイスがありみんなで丁寧に丁寧に磨いて行きました。
手磨きですから時間が掛かります、障害者の方は普段やっている作業なので慣れていますが、今日が初体験の人は途中で一休みが入ります。
あせらずに、丁寧に仕上げて行きます。

体験教室の様子
最後は少しお疲れモードの参加者達ですが、磨けば磨く程艶々としてくる庵治石の変化が楽しいと言ってくれました。
庵治石を磨く作業って、どうやるのか?どんな道具を使うのか殆どの人が知らないと思います。
伝統産業の加工技術の一部分ですが経験してみるととても面白くてクセになると思います。

2009年10月26日 更新

このページの先頭へ戻る