HOME > 活動報告 > 残像メンタルトレーニング入門セミナー報告

残像メンタルトレーニング入門セミナー報告

セミナーの様子

かがわ子育て支援県民会議次世代育成支援提案型協働事業委託事業、長い名前ですが子供達の為に活動する団体等を応援してくれています。

その事業に特定非営利活動法人はじめの一歩が応募していた「残像メンタルトレーニング入門セミナー」が、10月11日に開催されました。

会場の様子
会場の設営は、きらりのみんながお手伝いをしてくれました。職員の方と一緒に机を運んだり、椅子を並べたり、完成した会場の様子です。
もちろん、みんなが一生懸命作ってくれたクッキーのお土産付きです。

 
セミナーの様子
定員30名の所に50名近い人が参加してくれました。
小、中学生からおじいちゃん、おばあちゃんまで地域の人、はじめの一歩の活動を応援してくれている人、お仕事でご縁を頂いた人、懐かしい同僚まで沢山の人が来てくれました。

セミナーの様子
朝早く、大阪を出発して四国へ初めてだと言う高岸先生のセミナーがスタートしました。
最初は残像メンタルトレーニングとは?
から始まり、10分程時間が経過した頃「残像を実際に体験してみましょう」の辺りから参加者達も先生の話にぐいぐいと引き込まれて行きました。
残像が実際に見えた時には会場から、どよめきが起こりました。

R=リラックス C=集中  T=ターゲット(目標)
日本語に直すと R=平常心  C=無心  T=克己心となるそうです。

残像メンタルトレーニングと言う単語は新しい物ですが、内容は昔からあった物です。
古くて新しい内容のセミナーです。
2時間の長丁場でしたが、質疑応答も活発におこなわれ、これからの活動のヒントを頂いた気がしました。

※お忙しい中、セミナーに参加して頂いた方に、心よりお礼を申し上げます。
※高岸先生もお疲れさまでした。

2009年10月13日 更新

このページの先頭へ戻る