HOME > 「はじめの一歩」とは > 庵治石の活用

「はじめの一歩」とは

庵治石の活用

石のまち庵治町

庵治町の位置香川県高松市庵治町(あじちょう)と、その隣町・牟礼町(むれちょう)。
両町の境付近の山から採れる花崗岩(かこうがん)は、「庵治石」と呼ばれ、この地域は、日本三大石材産地の一つに数えられています。

そのためこの地域一帯には、採石から加工、販売に至るまで、石材にまつわるありとあらゆる企業や職人さんが、数え切れないほど存在しています。
庵治石はまさに、庵治町とは切っても切り離せない地場産業であるといえます。

世界に誇るダイヤモンド

庵治石のインテリア商品庵治石は、きめが細かく粘りの強い花崗岩で、磨くほど味わい深い「つや」が出ます。

その最大の特徴は、磨くと浮き出る、独特の模様。
斑(ふ)と呼ばれる親指で押したような模様が現れ、その世界的にも類を見ない優美な模様は、庵治石にしか出すことができません。

庵治石は他の花崗岩と比べ硬度が高く(モース硬度=7、水晶と同じです。)その希少性から「花崗岩のダイヤモンド」と呼ばれています。

庵治石は、特に墓石材として有名で、最高級石材の代名詞とされるほどです。

この地域でしか採れない庵治石は、日本においてはもちろん、世界においても、たいへん貴重なものといえるのです。

平安の時代より培われた技術

ある工房の様子庵治石はその昔、高松のお殿様御用達の石であったとされ、古くは平安時代後期、遠く京の都まで送り出されていたと伝えられています。

そしてその歴史とともに培われてきたのが、庵治石という特別硬度の高い石を、刻み、磨き、より美しく仕上げるために創意工夫を重ねた、庵治の石匠の技なのです。

地域の特色を生かした自立支援

はじめの一歩での作業風景伝統産業の技術を、障害を持つ方たち学んでいただき、自立を支援することが、NPO法人はじめの一歩の主な活動です。

はじめの一歩が密に連携する有限会社ななみ屋には、庵治石製品の製造・加工・販売に関するノウハウがあります。
また地域のネットワークを生かし、地元の職人さんのご協力も得て、技術指導をおこなって頂いています。

 
NPO法人はじめの一歩の活動やネットワークは、すべて「庵治石」が繋げてくれたものです。
繋げてもらったきずなを大切にし、微力ながら地域活性化に尽力したいと思います。

このページの先頭へ戻る